このページは日本語で作成しています。機械翻訳は不正確な場合があります。

Intel コンパイラ

(作成:2021.5.21)

(※Intel コンパイラを同時に実行できるユーザは2ユーザまでです。)

ここではIntel コンパイラの使いかたを紹介します。

なお、内容に誤りや不備がある可能性があります。 情報がありましたらメールでお知らせ下さい。

コマンド

実行ファイルは以下の場所にインストールされています。

/opt/intel/bin/icc   (C)
/opt/intel/bin/icpc  (C++)
/opt/intel/bin/ifort (FORTRAN)

環境設定

次のコマンドで、Intel コンパイラに必要な PATH などの環境変数が設定されます。
$ source /opt/intel/bin/compilervars.sh  (bash)
% source /opt/intel/bin/compilervars.csh (tcsh)

コンパイル方法(例)

上から順に C言語、C++言語、FORTRAN です。

並列化なし
$ icc [option] source_file
$ icpc [option] source_file
$ ifort [option] source_file
自動並列化
$ icc [option] -parallel source_file
$ icpc [option] -parallel source_file
$ ifort [option] -parallel source_file
OpenMP
$ icc [option] -qopenmp source_file
$ icpc [option] -qopenmp source_file
$ ifort [option] -qopenmp source_file
INTEL Math Kernel Library (MKL) を使用する場合
$ icc [option] -mkl source_file
$ icpc [option] -mkl source_file
$ ifort [option] -mkl source_file

インテル コンパイラー日本語マニュアル(エクセルソフト社)


(csgs システムの使い方に戻る)