このページは日本語で作成しています。機械翻訳は不正確な場合があります。

Matlab の使い方

(作成: 2021.5.21)


事前準備

Campus-Wide License と Mathworks アカウント

csgs2 上での Matlab は、Campus-Wide License により利用可能です。 下記のページをご覧になり、事前に(UTokyo Account と関連付けた) Mathworks アカウントを取得してください。

UTokyo MATLAB Campus-Wide License

csgs2 上の Matlab のアクティベーション

GUI(X Window System)が有効な環境で csgs2 にログインした後、 activate_matlab.sh を実行してください。アクティベーションの画面が表示されます。


利用について

端末上(X Windows System なし)での利用

端末上で matlab とタイプして、端末上で対話型式で起動できます。

X環境

X Window System が有効な環境では、 matlab とタイプすることで、GUI で起動します。

バッチ利用

あらかじめ FILENAME.m ファイルを用意しておき、以下のようにするとバッチ的に利用できます。

matlab -r FILENAME

出力を別ファイルにするには、以下のようにします。

matlab -r FILENAME -logfile OUTPUTFILE_NAME

利用可能な Toolbox

Toolboxは以下のものが利用可能です。

MATLAB での GPU の利用


質問などは csgs-info [at] e.u-tokyo.ac.jp へ


(csgs2 システムの使い方に戻る)