このページは日本語で作成しています。機械翻訳は不正確な場合があります。

Ox Professional 8

(作成: 2021.5.21)

X環境での利用

X Window System の環境では oxmetrics とタイプすることで、GUI で起動します。

バッチ利用

あらかじめ FILENAME.ox ファイルを作っておき、以下のように oxl コマンドを使用すると、バッチ的に利用できます。

  oxl FILENAME.ox

oxl コマンドは、オプションで「-rp2」「-rp4」などと指定すると、 これらの数字を上限としてマルチスレッドで動作します(並列計算します)。 指定がない場合はシングルスレッド(-rp1 と同様)で動作します。


質問などは csgs-info [at] e.u-tokyo.ac.jp へ


(csgs2 システムの使い方に戻る)