このページは日本語で作成しています。機械翻訳は不正確な場合があります。

R 言語の利用

(作成:2021.5.21)

EPELに含まれる R 言語が利用可能です。

実行ファイルは下記のパスにあります。

/usr/bin/R
こちらをタイプすることで、対話形式での実行が可能です。

バッチ利用

あらかじめ FILENAME.r ファイルを用意しておき、以下のようにするとバッチ的に利用できます。

/usr/bin/R --no-save < FILENAME.r

出力を別ファイルにするには、以下のようにします。

/usr/bin/R --no-save < FILENAME.r > OUTPUTFILE_NAME


(csgs2 システムの使い方に戻る)