このページは日本語で作成しています。機械翻訳は不正確な場合があります。

海外からThunderbird、Outlook などが利用できない

2017.3.9

計算機室


現象

海外出張時などに、以下の様なことが起こることがあります。

また、日本国内からの場合を含め、Gmail で ○○@e.u-tokyo.ac.jp のメールを送受信できない、ということがあります。

原因

2016年8月18日に移行した新メールホスティングシステムでは、セキュリティ強化のため、下記の通り、国別認証制限の設定が導入されています。 初期状態では、「日本からのアクセスだけが許可」されている設定になっています。

国別認証制限の設定について(情報基盤センター)

海外で通常のメールソフトウェアを利用したい場合、国別認証制限を設定変更して下さい。 MailSuite (Webメール)にログインし、 「オプション > 個人環境の設定 > 国別認証制限」 で、当該の国を許可して下さい。

また、Gmail でのメールの送受信については、下記のようなお知らせが出されています。

メールシステム移行後の Gmail での送受信について(情報基盤センター)

こちらに記載されている方法は「ID およびパスワードを Gmail 側に保存する」 ことになるため、情報基盤センター側では「推奨しない」と有ります。 この方法には「リスクが有る」ことをご承知頂き、なるべく通常の方法をご検討頂ければと思います。


※ なお、基本的なセキュリティ対策として、以下のような点にもご留意頂けると幸いです。